まなびwithは難しい?1日の量&かかる時間まとめ

我が家のちびたぬは、小学校入学とともに休校となってしまったので、おうち学習に取り組んでいます。

 

4月から入会した「まなびwithウィズ」は、3月末に届いて以来毎日コツコツとやってきました。

届いて2週間ほどで4月号すべてやり終えました。

今回は休校中&外出自粛中だったため、ほぼ毎日時間を作って取り組むことができましたが、学校や習い事などが始まると思うようにできないのかな~とも思います。

 

吹き出し用たぬママ
難しいといわれる「まなびwith」ですが、どのくらいのボリュームなのか、1日どのくらいの時間取り組めばいいのか、など実際の体験をまとめました。

 

「まなびwith」の学習量や1日にかかる学習時間などを写真とともに紹介していきます。

まなびwith4月号!学習ワークはこれがすべて

今年4月から始めた、小学館の通信教育「まなびwithウィズ」。

何やらたくさん送られてきますが、取り組むワークはおもに以下の3冊。

ワーク

【ワークブック】算数・国語・複合教科が1冊にまとめられている

【Great Fun Book1】英語

【わくわく研究所】ナゾトキ学習

すべて終わったら、添削問題もあります。
次でじっくり見ていきましょう。

1日どのくらいの量&かかる時間は?

通信教育「まなびwithウィズ」は公式サイトで「1日どの程度勉強したらいいか?」の問いに、以下のように答えています。

 

小学生コースは学年×10分を目安に、幼児コースは机に向かう習慣をつけていただくことを目標にしてください。

引用:まなびwith公式サイト

つまり、

小学生の場合、1年生なら1日10分、2年生なら1日20分・・・6年生なら1日60分となります。

幼児コースは、机に向かう習慣をつけることが目標のようですね。

 

吹き出し用たぬママ

ちびたぬが受講しているのは小1コース。

1日10分とのことですが、実際に10分程度でできる量でした。

ただ、4月は学校が休校だったこともあり、午前・午後にわけて1日2~3回分を進めていったため、はやく終えることとなりました。

それぞれ1回10分程度でした。

 

次はそれぞれのワークの特徴やかかった時間などをじっくり紹介していきます。

 

ワークブック

まなびwith、小1コース、2020年度4月の問題集です。

 

さんすう

算数は全部で15回分ありました。(数字の書き順・きほん1~10・ちょうせん1~4)

数字の書き順は1回5分、他はすべて1回10分が目標タイムとなっています。

目標どおりの10分か、そんなにかからずに取り組むことができました。

まなびwithのワークブック算数

4月号では足し算の基本ですね。

まなびwithのワークブック算数

図形では、入会時に届くパズルを使って、形を作っていきます。

まなびwithのワークブック図形

こちらも入会時に届いたブロックを使いました。

実際に手を動かすことによって、図形感覚を養うのが目的。

「図形が苦手」とならないように、小1からブロック遊びを通して学んでいきます。

まなびwithのワークブック図形ブロック

 

こくご

国語は全部で14回分ありました(音読・きほん1~10・ちょうせん1~3)。

最初のページの音読は、きほんの問題を取り組むときに読むようにしました。

目標タイムは10分。ほぼ10分くらいで1回分を終わらせていました。

まなびwithのワークブック国語

4月号はひらがなの基本を学びました。

まなびwithのワークブック国語

問題の意味を理解するのに意外と時間がかかったりしていて、一人で取り組むにはもう少し時間がかかりそうです。

 

思考の達人ツール

思考の達人ツール」とは、特殊な図を使って、考えていることを整理し、自分の考えを表現する練習です。

6年間で約10個のツールが登場するそうです。

今回は「ベン図」です。

まなびwithのワークブック

インターネットの会員ページから動画を見ながら、わかりやすく学べるのがいいですね!

親がアレコレ説明するより、動画を見ればよくわかる!笑

 

複合教科

「複合教科」とは、複数の教科で学んだ知識や技能を組み合わせて解く問題です。

別の教科や実生活で活用する力を鍛える目的としています。

これ、すごくいいと思います!!

まなびwithのワークブック

今回は、長い文章を自分で読んで理解して、考えて書く問題でした。

数を数えたり、ちょっと考えないと解けない問題です。

国語要素・算数要素・理科要素・生活要素が含まれていますね。

 

Great Fun Book1

まなびwithの英語はこのワークブックです。

正直、本当に薄っぺらい!なんと見開き3ページのみなんです…。

まなびwithの英語

内容もイラスト多め、アルファベットAとBの書き方のみ。

まなびwithの英語

でも!

まなびwithの英語は、デジタル教材と連動しているところが、すごくいい!

今月の曲やフレーズを動画で学ぶことができます。

英語のワークブックに合わせて聞くだけだと、きっと1~2回しか聞く機会はないのでしょうが…。

短い動画なので何度か一緒に聞くようにして、歌って、覚えるようにするといいと思います。

1カ月かけてゆっくり何度も聞いてみましょう♪

 

関連記事

小学館の通信教育「まなびwithウィズ」は、追加料金なしで楽しめる会員限定の「デジタルコンテンツ(デジタル教材)」があります。紙の教材+α が楽しめそうな予感! でも詳しい情報が少なく、入会しないと見ること[…]

まなびwith デジタル

 

ワクワク研究所

まなびwithわくわく研究所

コナンくんの「わくわく研究所」。

まなびwith売りの1つ、ナゾトキ学習~AnotherVision からの挑戦状~ です。

これまた薄い!こちらも見開き3ページ。

確実に1日で終わります。

ナゾトキ学習~AnotherVision からの挑戦状~とは

東京大学の学生を中心とした、ナゾトキ制作集団がつくる問題。

 

小1・4月号とあって、簡単なナゾトキなのですが、子供にとっては結構頭を使うようです。

ワークブックと連動して、学習したことをナゾトキしながら復習していく感じですね!

まなびwithのナゾトキ学習

いつもと違うところを使っている感じで、結構おもしろい!

毎月解いていたら、「柔軟な頭」になりそうですね!

 

ちょっと難しい「さいごのもんだい」のヒントと答えは、まなびwithデジタルコンテンツのマイルームから見ることができます。

正解したらプレゼントに応募でき、正解した人の中から抽選で5名様に図書カード500円分プレゼントというおまけつき♪

 

関連記事

小学館の通信教育「まなびwithウィズ」。入会するならおとくに入りましょう♪キャンペーンやプレゼント、さらには月会費が10%オフになる方法まで!紹介していきます。「まなびwith」とは「まなびwithウィズ」[…]

まなびwithの会費が10%オフになる方法

 

おわりに

まなびwithは難しいといわれているようですが、小1コースは一日10分程度で毎日取り組めば終わるくらいの量でした。

会員ページから見ることができるデジタル教材(デジタルコンテンツ)から動画の解説などを見ることができ、わかりやすくなっています。

アレコレやるより、まなびwithでしっかり取り組めば十分ではないかと思いました。

まなびwith小1コース4月号
\最新情報はこちらから/