まなびwith有料オプション【withQubena(ウィズキュビナ)】を徹底解説

小学館の通信教育「まなびwithウィズ」の、有料オプションとして算数に特化した「withQubenaウィズ キュビナ」。

AI(人工知能)を搭載した「withQubenaウィズ キュビナ」は、まちがえた問題を何度も反復学習することができ、効率よく効果的に学習することができる優れもの!

学習には、ipadを使います。

 

吹き出し用たぬママ
間違えたところを重点的に出題されるので、はやく・楽しく・効率よく算数を学ぶことができる♪

まなびwithに入会しなくてもできる「Qubena キュビナ」というアプリがありますが、料金や内容などの違いがあるそうです。

お問い合わせして聞いた2つのアプリの違いや、withQubenaの内容、用意するもの、料金などをまとめました。

「まなびwith」のオプション「withQubena」とは

まなびwithのwithQubena

出典:まなびwith公式サイト

「まなびwithウィズ」の有料オプション「withQubenaウィズ キュビナ」は、AI(人工知能)が搭載されたipad専用アプリです。

教科は算数のみ。

算数の反復学習を強化するためにつくられたものです。

 

まなびwithのwithQubena

出典:まなびwith公式サイト

一人ひとりの弱点を収集・分析して、レベルに合わせた適切な問題を、理解できるまで何度も出してくれるのは電子教材ならでは。

つまずいた原因の分析は「withQubenaウィズ キュビナ」にまかせて、出てくる問題を解いていけば、算数(数学)がどんどん理解できるようになっています。

 

吹き出し用たぬママ
一番近道で学習できるのは、時間の短縮にもなるし、なにより楽しくできそう!

小学1年生から中学1年生の数学まで、対応しています。

また自分の学年にとらわれず、できるお子さんはどんどん先へ進んでいくことができるので、1年間で小学校の算数をすべてマスターなんてこともあるかもしれません。

算数に苦手意識をもつ前に、算数が好き!となれたらいいですよね。

 

まなびwithのwithQubena

出典:まなびwith公式サイト

学習には、ipadとタッチペンを使います。

実際のノートのようにペンを使って手書きをしたり、定規やコンパスなどを使用してグラフを作ることもできるので、よりはやく理解が深まります。

 

「withQubena」は、まなびwith小学1年生~小学6年生コースを日本国内で受講されている方に限りお申し込みできます。

年少、年中、年長コースを受講されている方および、まなびwithを海外で受講されている方はお申し込みいただけません。

 

 

\公式サイトはこちら/

まなびwith「withQubena」

 

QubenaとwithQubenaの違い

まなびwithのオプション教材「withQubenaウィズ キュビナ」、もともとの本家は「Qubenaキュビナ」です。

どちらも株式会社COMPASSが制作しています。

また、どちらもAI(人工知能)を搭載したAI型タブレット教材で、算数に特化してる点は同じです。

お問い合わせした内容も盛り込みながら、紹介していきます。

 

2020年3月現在、本家は4つのシリーズがあります。

学校や塾向けの「Qubena」、個人向けのご自宅用アプリの「Qubena WiZ Lite」、学習塾用の「Qubena ACADEMY」、算数個別学習塾「Qubena ROOM」です。

まなびwithオプションの「withQubena」は、「Qubena WiZ Lite」をベースに、まなびwithの教材に合うように作成されているそうです。

2つの違いは下のようになります。

 

Qubena WiZ LitewithQubena(まなびwith)
学年小1~小6、中1~3、数学ⅠA・ⅡB小1~小6、中1
月額料金1,950円(税込)770円(税込)

 

勉強できる学年の違い

「QubenaWiZLite」は小1~中3まで、まなびwithの「withQubena」は小1~中1までとなっています。

まなびwith自体か年少~小6までの学年を取り扱っているためですね。

そのため、内容や進み方も変わってくるそうです。

 

月額料金と内容が違う

月額料金は、「QubenaWiZLite」は1,950円、まなびwithの「withQubena」は770円です。

お問い合わせしたところ、「QubenaWiZLite」のほうが機能が充実しているそうです。

「QubenaWiZLite」は使っている教科書を設定することができるのに対し、まなびwithの「withQubena」はまなびwithの教材に沿って進むよう作られているため設定ができないなどの違いがあります。

また「QubenaWiZLite」は独自の会員サイトがあり、会員サイトでは回答数や正答率、各章の達成状況などを確認することができるそうです。

 

 

 

 

\(株)COMPASS公式サイトはこちら/

Qubena公式サイト

\Qubena WiZ Liteはこちら/

小学算数/中学数学 | キュビナ・ウィズ・ライト

小学算数/中学数学 | キュビナ・ウィズ・ライト

COMPASS K.K.無料posted withアプリーチ

 

 

用意するものは、タブレットとタッチペン

withQubenaウィズ キュビナ」を受講するにあたり、タブレットとタッチペンを用意する必要があります。

タブレットは iPadまたはiPad Mini のみで、スマホなどは使えません。

 

【対応端末】iPad(iPad Air以降)、iPad Mini(Pad Mini2以降)のみ

【対応OS】iOS8以降(AndroidOSは未対応)

【タッチペン】上記の対応端末に対応するもの

 

ウィズキュビナの月会費

withQubenaウィズ キュビナ」は、まなびwithのオプション教材です。

以前は月額550円でしたが、2020年4月以降は月額770円(税込)となります。

どの学年でも同じ金額です。

毎月払い(770円)・6カ月一括払い(4,620円)・12カ月一括払い(9,240円)がありますが、一括でも割引にはなっていません。(すべて税込み価格)

 

最短でも3ヵ月は受講しなくてはなりません。お試し体験はありません。

 

 

まなびwithの月会費にプラスして月額770円となります。

まなびwith月会費はこちらをクリック
毎月払い6カ月一括払い12カ月一括払い
年少2,310円12,936円25,404円
年中2,585円14,472円28,428円
年長2,585円14,472円28,428円
小13,685円20,634円40,536円
小23,740円20,940円41,136円
小34,015円22,476円44,172円
小44,675円26,172円51,432
小55,225円29,256円57,468円
小65,555円31,104円61,104円

 

また、インターネットにかかる費用はご家庭負担となります。

 

まなびwith の月会費は、下の記事に詳しく書きましたが、福利厚生の適用で10%オフになりますが、withQubenaウィズ キュビナ」は割引には対象外となります。

関連記事

小学館の通信教育「まなびwithウィズ」。入会するならおとくに入りましょう♪キャンペーンやプレゼント、さらには月会費が10%オフになる方法まで!紹介していきます。「まなびwith」とは「まなびwithウィズ」[…]

まなびwithの会費が10%オフになる方法

 

 スポンサーリンク

おわりに

小学館まなびwithのオプション教材、「withQubena(ウィズキュビナ)」についてまとめました。

算数を楽しく学べるデジタル教材、興味があります。

我が家は「そろタッチ」も受講しているので、あわせてやってみようと検討しているので、また体験談を追ってお伝えしていきたいと思います。

まなびウィズのオプション教材ウィズキュビナ
\最新情報はこちらから/