通信教材を無料でお試ししよう!お子さんに合った教材選びはとっても大切。厳選9社はここからチェック

Z会プログラミング講座の口コミ・評判!4つの講座のどれがいい?料金や学習内容など気になる情報をまとめ-家庭学習ぽんぽん

ママ友コンさん

Z会のプログラミング講座を検討しているんだけど…。
メリットとデメリットはなに?実際のところが知りたい!

たぬママ

Z会のプログラミングはコスパが良く、好きなときに好きにだけ学べるからとっても人気がある講座よ!何より楽しいの♪
だけど、気をつけたほうがいい口コミや評判もあるよ。

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修となり、おうちでも何かやらせてあげたいな~と考えるご家庭が増えているようです。

通塾型のプログラミングスクールではなくて、おうちで手軽にできる通信教育あたりからはじめて、もっと興味が出てきたらスクールもいいですよね。

とはいえ、

ママ友コンさん

プログラミングってどんなことするの?
私はやったことないけど、子供に教えられるかしら?
できるだけお金をかけたくないんだけど、どのくらい料金かかるの?

と心配になりますよね…。

通信教育の大手である「Z会」は、2017年からプログラミング講座が開講され、豊富な知識と考え抜かれたオリジナルカリキュラムの評判が良く、「プログラミング教室満足度調査」で最優秀賞に選ばれたこともある人気講座なんですよ!

Z会のプログラミング講座のポイントをざっくりまとめるとこちら!

Z会プログラミングシリーズのポイント
  • 通信講座でプログラミングが学べる
  • スクールに通うより、圧倒的にリーズナブル!1,980円~受講可
  • レゴを使うからとっても楽しい
  • 4つのコースがある
  • 年長児~OK!

この記事では、Z会プログラミング講座について受講中の口コミや、メリットデメリットについて徹底解説します。

この記事は2分ほどで読め、この記事を読めばあなたのお子様がZ会のプログラミング講座に入会すべきか判断できるので、ぜひ最後までお読み下さい。

\ 1万円引きキャンペーン中!/

目次

Z会プログラミングシリーズとは

Z会のプログラミング レゴ
出典:Z会プログラミング講座

2020年から小学校でのプログラミングの必修化に伴って、通信教育のZ会でもプログラミングに特化した講座「Z会のプログラミングシリーズ」が開講されました。

Z会のプログラミングシリーズは始まって間もなく、イード・アワード2019年のプログラミング部門で「プログラミング教室 顧客満足度 最優秀賞」を受賞したり、イード・アワード2021プログラミング教育において部門賞をW受賞したりなどと、高い評価を得ています。

Z会プログラミングシリーズは、「プログラミング学習を通して自ら未来を切り拓いていく底辺を育てる」というもの。

親しみやすいレゴブロックを教材に、手を動かしながら試行錯誤することで、問題解決能力や空間把握力、想像力などを刺激し養うことができます。

4つのコースがあるよ!

Z会のプログラミングシリーズは、現在4コースあります。

  • Z会プログラミングはじめてみる講座
  • Z会プログラミング講座 みらいwith ソニー・グローバルエデュケーション
  • Z会プログラミング講座with LEGO® Education
  • Z会プログラミング講座with Scratch

それぞれのコース内容や対象は以下のようになります。

講座名内容
Z会プログラミングはじめてみる講座全3回の気軽に試せる講座。税込1,980円/月
プログラミングが初めての子、低学年向け
Z会プログラミング講座 みらい
with ソニー・グローバルエデュケーション
STEAM教育がベース、スケルトンブロック「KOOV®」を使ってみらい想像力を養う講座
低学年向け
Z会プログラミング講座
with LEGO® Education
レゴ®ブロックを使って楽しく学びながら、算数や理科の概念を深く、実感を伴いながら学べる講座
基礎編と標準編にわかれる
小学3~6年生が対象
Z会プログラミング講座
with Scratch
タブレット1台で気軽に始められる講座
プログラミングでゲームやアニメーションを動かせる
小1~6年生が対応(1,2年生は保護者のサポートが必要)

この記事の下でもまた詳しく紹介しているので、ここではザックリと、4つのコースがあるんだなぁ~と見ていただけたらと思います。

公式サイトをチェックする

Z会プログラミング講座3つの特徴

Z会のプログラミング講座について、3つの特徴を見ていきましょう。

手を動かしながら学ぶから、楽しい!

Z会プログラミング講座は、コースによってロボットやアニメーションなどと教材は違いますが、どのコースも共通しているのは「プログラミングをしてを動かす」というもの。

テーマに対して、どうしたらいいか考えてプログラミングをして、思ったように動いたときの感動はひとしおです。

なかでも、一番人気のコース「 Z会プログラミング講座 with LEGO® Education 」では、教育版のレゴブロックを使用します。世界80か国以上の国々でも使用されている教材です。

Z会プログラミング レゴ
出典:Z会プログラミング講座

教育版のレゴ ® ブロック(レゴ エデュケーション)は、一般のレゴ®ブロックでは難しい「動きを伴う創造性」が体験できます。
各種センサー(モーションセンサー、パワーセンサー、チルトセンサー)を用いてロボットを自在に動かすことが可能。

ちびたぬ

センサーがおもしろくって、走らせて3秒後に止まる、とかできるんだよ!

小学校で学習するプログラミング教育には、パソコンやタブレットで「Scratch」というツールを用いることが多いかと思いますが、Z会では レゴ ® ブロック を手に取って組み立てて動かすという一連の流れを楽しみながら学習できる特徴があります。

Z会だからできる一歩進んだプログラミング学習

「Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション 」では、Z会のオリジナルカリキュラムと「KOOV®」を使って学びを進めます。

「KOOV®」とは、ソニー・グローバルエデュケーションのプログラミング学習キットで、カラフルでスケルトンな見た目と子供にも動かしやすい大きさのブロックです。

Z会プログラミング ソニー
出典:Z会プログラミング講座

プログラミング学習は、ただプログラミングをして動いて楽しいね!で終わりではありません。

ITスキルを身につけるという目的の他にも、予測不可能なこれからの社会に求められる、答えのない問題に立ち向かい、解決する力を養うためという壮大な目的もあるんです。

Z会ではこの力のことを「みらい想像力」とし、プログラミングを楽しみながら、これからの社会で求められる力(具体的には、主体性・多様性・協働性)を養うことができるようになっているとのこと。

Z会プログラミング
出典:Z会プログラミング講座

おもに、STEAM(スティーム)教育をベースにしたZ会オリジナルカリキュラムで進みます。

STEAM教育とは:科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、芸術(Art)、数学(Mathematics) の5つの分野を融合させて幅広く学ぶこと

まずは紙教材のテキストを読んで、身近な課題について学び、問題の解決法としてブロックを組み立てプログラミングを行います。

Z会プログラミング講座みらい

Z会は、出来上がったレゴ作品を全国の会員と共有することで、新たな学びや気づきを得ることができたり、モチベーションアップにも繋がる工夫がされています。

ちびたぬ

何より楽しい!これが一番!

小学校での学びに繋がり、後伸びする力が身につく

Z会のプログラミング講座は、小学校の学びともリンクしています。

下の図は、「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education 基礎編」と直接結びつく学校での教科学習一覧です。

Z会プログラミング レゴ 基礎編
出典:Z会プログラミング講座

算数:数と計算・量と測定・図形・数量関係
理科:エネルギー(物理領域)・生物(生物領域)・環境・地球(地学領域)

算数と理科の分野が多めですが、幅広くカバーされていることがわかります。

さらに、興味関心を持って試行錯誤することや考え続ける姿勢は、小学生のうちに身につけておきたい土台の一つ。

プログラミングを通して、楽しく遊びの中から育てていきたいですね。

たぬママ

考えることが楽しい!と思える子は、中学・高校になっても後伸びができる子になりますよ!
まさに、国がプログラミング教育を必修化にした意図はここにあると思います。

公式サイトから資料請求する

Z会プログラミング講座のメリットとデメリット

Z会プログラミング講座のメリットとデメリットを見てみましょう。

×デメリット
〇メリット
  • パソコンまたはタブレットを自分で用意する必要がある
  • 分からないことがあったとき、すぐに先生に質問できない
  • 親のサポートが必要なことも
  • 料金が安い
  • 好きなときに好きなだけ取り組める
  • 送迎がいらない
  • ほごしゃも内容を把握できる、一緒に取り組める
  • キャンペーン割引が多い!

Z会プログラミング講座のデメリット3つ

パソコンまたはタブレットを自分で用意する必要がある

Z会のプログラミング講座は、パソコンまたはタブレットを自分で用意しなければなりません。

ご自宅に使えるものがあればよいですが、何もない場合は買う必要があります。

コースごとの対応機種については、公式サイトのZ会プログラミング講座の対応端末と推奨環境 からご確認ください。

インターネット環境がないとできない

パソコンまたはタブレットの他に、インターネット環境が必要です。

どのコースでも、アプリを使ってプログラミングを行い、インターネット回線を使って動作の指示を送ります。

お手持ちのスマートフォンからテザリングをするという方法もあります。

通信教育なのでわからないことがあったときすぐに先生に質問ができない

プログラミングを学習する上で、なんだかうまくいかない、どうしたらいいんだろう?と疑問点が出てくることもあります。

Z会のプログラミング講座は通信教育なので、すぐに先生に聞くことができません

ただプログラミング教育は、自分で試行錯誤して思うようにできた!という楽しみを実感するのも狙いの一つ。

すぐに先生に聞くという癖をつけるより、まずは自分で考える、調べるといった癖をつけるほうが、将来的にもお子様の力になると思いますよ。

すぐに先生に質問はできませんが、そこまで深刻にならなくてもよいのかなと親目線でも思います😊

親のサポートが必要

プログラミングやタブレット・パソコンの操作などが初めての場合は親のサポートが必要不可欠となります。

とくに低学年の場合は、親が一緒に取り組む場面が多くなるかと思います。

とはいえ、時間がないときに一緒にやろうと言われても難しいこともありますよね。

Z会のプログラミング講座は、1ヵ月に1度4~5時間ほどかけて行う子が多く、休日など時間のあるときに一緒に取り組むご家庭が多いとのこと。

たぬママ

一緒に試行錯誤した経験はとても思い出深く残りますし、何より楽しく、メリットもたくさんあります。

Z会プログラミング講座のメリット5つ

料金が安い!

プログラミングスクールに通わせたいと思っても、料金で躊躇してしまうんですよね…。

通塾タイプのプログラミング教室の相場は、1万円~1万5千円ほどと言われています。

その点、Z会のプログラミングシリーズは、月1,980円~受講できる講座もあり、圧倒的に安いです。

  • Z会プログラミングはじめてみる講座 1,980円
  • Z会プログラミング講座 みらいwith ソニー・グローバルエデュケーション 4,488円~
  • Z会プログラミング講座with LEGO® Education 4,675円~
  • Z会プログラミング講座with Scratch 2,980円~

プログラミングは、お子様が自分で手を動かして楽しみながら学ぶもの。

自宅でも問題なく、むしろ自由に楽しく学べちゃうのがプログラミングです。

Z会は通塾タイプのスクールに比べ、料金が半額以下で通えるのは、大きなメリットと言えますね!

好きなときに好きなだけ取り組める

プログラミング学習は、実は結構時間がかかるんです。

通塾タイプのスクールでも、1つの課題を数週間かけて作り上げるのが一般的で、時間内に終わらなかったらまた来週、となってしまうんですよね。

通信教育で学ぶプログラミングなら、まとまった時間がとれる日に集中して好きなだけ取り組むことができます。

Z会プログラミング かかる時間
出典:Z会プログラミング講座

もちろん、毎日少しずつ触りたい!という希望もかなえられるのが通信教材のいいところ。

たぬママ

いっぺんにまとめてロボットを作ったりプログラミングをしたい!という場合や、毎日プログラミングをしたい!という場合に、Z会のような通信教育がオススメです。

送り迎えがいらない

送り迎えの必要がなく、自宅や好きなところで学習できるのは、送迎をしなくてはならない親にとってかなり重要ポイントです。

時間に縛られず、天気にも左右されずに、はやく準備して~だとか、忘れ物したの!?だとか、小言も言わなくていいのは、親にも余裕が生まれますよね。

たぬママ

わが家は田舎で近くにスクールがないこともあって、通信教育で学べるのがありがたい!

保護者も内容を把握できる、一緒に取り組める

さらに、一緒に取り組んだり、出来上がったロボットやアニメーションの動きを一緒に確認することで、プログラミングの学習内容を把握できるというメリットもあります。

一緒にできるのは、親にとっても子供にとってもメリットが大きいんですよね。

さらに、保護者用のガイドもあるから、なんて声掛けたらいいのか…と悩むこともありません。ヒントがたくさん書かれているから安心ですよ!

Z会プログラミング 保護者向け
出典:Z会プログラミング講座

保護者向けのガイドには、ねらいやアドバイスなどもわかりやすくかかれています。

キャンペーン割引が多い!まずは無料の資料請求を

Z会のプログラミングは、度々キャンペーンを行っています。

なかでも、教材であるブロックが1万円引きで購入できるキャンペーンはとってもお得です。

「Z会プログラミング講座with LEGO® Education」の基礎編では、22,000円→12,000円になるなど、本当に大きい割引なので絶対に利用したいところ。

私が資料請求したときは、資料請求キャンペーンでキット代が1万円引きになるチラシが入っていました。

迷っているのなら、とりあえず無料の資料請求をしてみて下さいね!

>>Z会のプログラミング講座を資料請求する

Z会プログラミング講座のSNS上の口コミ・評判は?

続いて、Z会プログラミング講座受講者のSNS上のリアルな悪い口コミやデメリットを見ていきましょう。

Z会プログラミング講座のSNS上の悪い口コミ

届くまでに時間がかかる

Z会のプログラミング講座は、申し込みしてから発送まで時間がかかることがあります。

Z会のプログラミング 発送
出典:Z会プログラミング講座
受講を考えているかたは公式サイト で、直近の発送日を確認してみて下さいね。

教材費が高い!

プログラミングスクールならではの叫びですね。

教材費のレゴブロックが数万するんです(´;ω;`)ウッ…

ぜひキャンペーンなどを利用して少しでも安く購入したいですね。

Z会プログラミング講座のSNS上の良い口コミ

レゴ好きには最高!

レゴ好きなお子様にはもってこいのプログラミング講座。

いつものレゴより一歩進んだプログラミングをやるのは、すごくよい刺激になりますよね!

KOOVが良い

KOOV、スケルトンでカラフルでかわいいですよね!

どんな方向にもくっつけることができるから、難易度は低めで、低学年向けの講座として人気がありますよ。

楽しすぎて最高!

本当に楽しいですよね!楽しみながら学べるのがプログラミングのいいところです。

ハマれば、新しいアイディアも生まれてきて、どんどん伸びますね。

プログラミングを通して色々な力をつけられる

プログラミングはロボットを組み立てて動かすだけじゃないんですよね!

ITリテラシーの強い子に育つこと間違いなしです。

Z会プログラミング講座の料金と内容は?どれを選ぶ?

Z会のプログラミングシリーズは、現在4コースあります。

講座名内容
Z会プログラミングはじめてみる講座全3回の気軽に試せる講座。税込1,980円/月
Z会プログラミング講座 みらい
with ソニー・グローバルエデュケーション
STEAM教育がベース、スケルトンブロック「KOOV®」を使ってみらい想像力を養う講座
Z会プログラミング講座
with LEGO® Education
レゴ®ブロックを使って楽しく学びながら、算数や理科の概念を深く、実感を伴いながら学べる講座
基礎編と標準編にわかれる
Z会プログラミング講座
with Scratch
タブレット1台で気軽に始められる講座
プログラミングでゲームやアニメーションを動かせる

どれを選んだらよいのか、迷ってしまいますよね。

ポイントと向いている子についてまとめたので、参考にしてみてくださいね!

Z会プログラミングはじめてみる講座

Z会プログラミング講座 はじめてみる講座
出典:Z会プログラミング講座
  • プログラミングが初めての方、気軽に試してみたい方
  • 全3回の超短期コース
  • 料金も手ごろで初めてにはピッタリの講座
推奨学年幼児年長~小学3年生
学習回数全3回
料金 税込1,980円/月 ×3回
学習教材自宅のパソコンまたはタブレット

\ リーズナブルで年長児からOK /

公式サイト:https://www.zkai.co.jp/z-programming/hajimete/

Z会プログラミング講座 みらいwith ソニー・グローバルエデュケーション

Z会プログラミング講座 みらいwithソニー・グローバルエデュケーション
出典:Z会プログラミング講座
  • カラフルなロボット・プログラミング学習キットKOOV®(クーブ)を使用する
  • プログラミング学習を通して「みらい創造力」を育てる
  • スタンダート1・スタンダート2・スタンダート3のコースがある
  • STEAM教育がベースに、Z会のオリジナルカリキュラムで学ぶ

初回のみ、使用するレゴ教材( KOOV®アドバンスキット )の購入費用がかかりますが、1万円引きキャンペーンをよく行っているので、公式サイトをチェックしてみて下さいね。

推奨学年小学1~4年生
コース スタンダート1・スタンダート2・スタンダート3
学習回数それぞれ全12回(1年間)
料金KOOV®アドバンスキット:24,970円(初回のみ)
スタンダート1:4,488円~/月
スタンダート2:5,610円~/月
スタンダート3: 5,610円~/月
学習教材紙教材・KOOV®・自宅のパソコンまたはタブレット

\ KOOVがかわいすぎる! /

公式サイト:https://www.zkai.co.jp/z-programming/mirai/

Z会プログラミング講座with LEGO® Education

Z会のプログラミング レゴ
出典:Z会プログラミング講座
  • レゴ®ブロックを使ったロボット制作やプログラミングをとおして、算数や理科の概念を深く、実感を伴いながら学べる講座
  • 基礎編と標準編の2コースにわかれる
  • 始めての子は基礎編がおすすめ

初回のみ、基礎編と標準編それぞれで使用するレゴ教材の購入費用がかかりますが、1万円引きキャンペーンをよく行っているので、公式サイトをチェックしてみて下さいね。

推奨学年小学3〜6年生
基礎編は保護者のサポートがあれば小2以下でもOK
コース基礎編・標準編
学習回数 それぞれ全12回(1年間)
料金 LEGO®WeDo2.0 基本セット:22,000円
スタンダート1:4,675円~/月
レゴ® エデュケーションSPIKE™ プライムセット:44,000円
スタンダート2:5,236円~/月
学習教材 紙教材・ レゴ®ブロック・自宅のパソコンまたはタブレット

\ レゴでプログラミングが楽しすぎる /

公式サイト:https://www.zkai.co.jp/z-programming/idolab/

Z会プログラミング講座with Scratch

Z会プログラミング講座 Scratch
出典:Z会プログラミング講座
  • タブレット1台で始められる
  • 小学校のプログラミング教育現場でも多く使われている「Scratch」というツールを使ってアニメーションやゲームを動かして学ぶ
推奨学年小学1~6年生
小1,2年生は保護者のサポート推奨
学習回数全12回(1年間)
料金2,980円~/月
学習教材自宅のパソコンまたはタブレット

\ 学校でも人気!Scratch /

公式サイト:https://www.zkai.co.jp/z-programming/scr/

Z会のプログラミングを体験する方法

Z会のプログラミング、入会前に一度体験してみたくなりますよね!

公式サイトから一部体験することができます。

レゴブロックは高額なことから、購入するのに躊躇してしまうのなら、実際にレゴブロックを使った他社のプログラミングスクールの体験に行く方法もオススメです。

  • 公式サイトから体験する方法
  • スクールで体験する方法

の、2点について紹介していきます。

公式サイトから体験しよう

現在体験できるのは、「Z会プログラミング講座 みらいwith ソニー・グローバルエデュケーション」のみ。

こちらの体験サイト から、体験ツアーと題してお試し体験ができます。
Z会 プログラミング 体験
出典:Z会プログラミング講座

ワークで身近な課題について考えてから、KOOVを組み立て、動かして、課題を解決、という流れを体験することができます。

20分ほどの短い時間ですが、ぜひ一度体験してみて下さいね!

ちびたぬ

とっても楽しくて、キャラクターもかわいいからやる気が出る!

スクールの無料体験でプログラミングしてみよう

他のコースやScratchを体験してみたい場合は、実際にスクールで一度体験してみるとよいでしょう。

レゴを使ったプログラミングスクールは、おもにロボット教室の名前で開校しているところがあります。

Z会のプログラミング講座と同じキットでなくとも、雰囲気や好き嫌いなどは十分伝わるでしょう。

年長児~ok!クレファスを無料体験する

また、Scratchはオンライン塾でも気軽に無料体験することもできます。

個別指導塾ラシク オンラインでプログラミング講座を無料体験する

キャンペーンもあるよ!お得に入会する方法

Z会のプログラミング講座、どうせならキャンペーンを利用してお得に入会しましょう。

主なキャンペーンは以下の2つ。

  1. 紹介割引
  2. 入会キャンペーンでキットの1万円引きをねらう

それぞれ見ていきましょう。

紹介割引でAMAZONギフト券がもらえる

Z会のプログラミング講座 キャンペーン 割引
出典:Z会プログラミング講座

現在受講中の方から紹介を受けた方が、講座にお申し込みいただき、エントリーフォームから登録いただいた場合に限り、Amazonギフト券500円分を紹介した方と紹介を受けた方のそれぞれにプレゼントしてもらえるというキャンペーンです。

紹介者はZ会のプログラミング講座の4コースのうちどれを受講していてもok、新しく入会される方も、4コースのうちどのコースを選んでもokです。

\ 紹介割引のページはこちら /

入会キャンペーンでキットが1万円割引

Z会のプログラミング講座 キャンペーン 割引
出典:Z会プログラミング講座

期間限定で行われている入会キャンペーン。

キットを購入する2コース「Z会プログラミング講座 みらいwith ソニー・グローバルエデュケーション」と「Z会プログラミング講座with LEGO® Education」が対象となります。

不定期に開催され、いつも1万円引きではありませんので、最新情報は公式サイトをチェックしてみて下さいね。

\ Z会のプログラミング講座 /

公式サイト:https://www.zkai.co.jp/z-programming/

まとめ:Z会プログラミング講座の口コミはまとめ!向いているのはこんな人

Z会のプログラミング講座について紹介しました。

メリットとデメリットは以下のようになります。

×デメリット
〇メリット
  • パソコンまたはタブレットを自分で用意する必要がある
  • 分からないことがあったとき、すぐに先生に質問できない
  • 親のサポートが必要なことも
  • 料金が安い
  • 好きなときに好きなだけ取り組める
  • 送迎がいらない
  • ほごしゃも内容を把握できる、一緒に取り組める
  • キャンペーン割引が多い!

良い口コミと悪い口コミを改めてみておきましょう。

  • レゴ好きには最高!
  • KOOVがかわいくて低学年で持つ扱いやすくて良い
  • 楽しすぎる!
  • プログラミングを通してこれからの社会に必要とされる力が身につく
  • 申し込みからキットが届くまで時間がかかる
  • 教材費が高い

以上のことから、Z会プログラミング講座に向いている子・おすすめしたい子はこのようになります。

  • レゴが好き!
  • プログラミングが好き
  • プログラミングを通して、これから必要とされる力をつけたい
  • 後伸びする力をつけたい
  • コスパ良くプログラミングを受けさせたい

Z会のプログラミング講座を受講することで、算数・理科分野に強くなるばかりではありません。

試行錯誤しながら問題解決に挑むことにより、予測不可能なこれからの社会に求められる、答えのない問題に立ち向かい、解決する力を養うことができます。

通信教育だからこそ、答えをすぐに教えてもらうのではなく自分で自由な発想で思考力を鍛えることができるのです!

思考力の土台を身につけることができれば、小学生以降もグッと後伸びするする力を手に入れたようなもの。

まさに、これからの時代を生き抜く力を、Z会のプログラミング学習を通して手に入れましょう。

公式サイト:https://www.zkai.co.jp/z-programming/

4コースに迷ったら、こちらを参考にしてみて下さいね!

Z会プログラミングはじめてみる講座

  • プログラミングが初めての方、気軽に試してみたい方
  • 全3回の超短期コース
  • 料金1,980円/月で安い
  • 年長児~
参考:https://www.zkai.co.jp/z-programming/hajimete/

Z会プログラミング講座 みらいwith ソニー・グローバルエデュケーション

  • 小1~4年生が対象
  • カラフルなプログラミング学習キットKOOV®(クーブ)を使用する
  • プログラミング学習を通して「みらい創造力」を育てる
  • スタンダート1・スタンダート2・スタンダート3のコースがある
  • STEAM教育がベースに、Z会のオリジナルカリキュラムで学ぶ
  • 料金4,488円~/月
参考:https://www.zkai.co.jp/z-programming/mirai/

Z会プログラミング講座with LEGO® Education

  • レゴ®ブロックエデュケーションを使用
  • ロボット制作やプログラミングをとおして、算数や理科の概念を深く、実感を伴いながら学べる講座
  • 基礎編と標準編の2コースにわかれる
  • 始めての子は基礎編がおすすめ
  • 小3~6年生が対象だが、基礎編は1・2年生も保護者のサポートがあれば可能
  • 料金4,675円~/月
参考:https://www.zkai.co.jp/z-programming/idolab/

Z会プログラミング講座with Scratch

  • タブレット1台で始められる
  • 小学校のプログラミング教育現場でも多く使われている「Scratch」というツールを使ってアニメーションやゲームを動かして学ぶ
  • 対象は小1~6年生だが、小1・2年生は保護者のサポートを推奨
  • 料金2,980円/月で安い
参考:https://www.zkai.co.jp/z-programming/scr/
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小学生向けのおうちでできる通信教育・オンライン学習・タブレット学習・市販のドリルなどを研究&実践している小2男の子のママ。
「今、子どもと一緒にできること」をモットーに、楽しみながら親子で学びの時間を大切にしています。

目次
閉じる