【ブンブンどりむ】入会を決意した5つの理由

小学生向け作文通信講座「ブンブンどりむ」。

「書く力」を軸に、「考える力」「読解力」「想像力」を育むことができます。

 

吹き出し用たぬママ
わが家の小1ちびたぬも、はじめることにしました。

 

はじめた理由をまとめると…

 

これからの時代に、絶対に必要な力だから!
となります。

書く力をつければ一生モノ。

入試も入社も、さらには人生そのものが楽しくなる力。

はじめるなら、苦手意識のない小学生からがいい!

 

とはいえ、「書く力」って、どう教えたらいいのかわからない…💦

そんなときに出会ったのが「ブンブンどりむ」です。

 

「ブンブンどりむ」について、どんな講座か・はじめた理由・キャンペーン情報をお伝えします。

「ブンブンどりむ」とは

ブンブンどりむ」は、『声に出して読みたい日本語』(草思社)など数々のベストセラーで知られる齋藤孝先生(明治大学教授)監修の、「作文・記述に特化した」小学生向け作文通信教育講座です。

小学生の「書く力」を軸に、「考える力」「読解力」「想像力」を育む工夫がふんだんに凝らされた教材となっています。

 

基本情報

小学生向け作文通信教育講座 ブンブンどりむ
運営会社株式会社どりむ社
監修齋藤 孝 先生
対象学年小1~小6年生
対応教科国語(作文)
添削指導あり(月2回)
料金入会金 無料

月額4,510円(税込み)~

公式サイトブンブンどりむ

 

\完全無料の体験キットを申し込む/

 

くわしくはこちら

「書く力」は、これからの時代を生き抜くために、必要不可欠な力です。でも、どうやって教えたらいいのか悩む保護者のかたも多いのが事実。 小学生向け作文通信講座「ブンブンどりむ」は、作文専門という、ちょっと珍しい[…]

ブンブンどりむ徹底解説

はじめた理由5つを紹介

わが家がブンブンどりむをはじめた理由について、くわしく紹介します。

 

理由は5つあります。

  1. これからの時代に必要な力を身につけさせたい
  2. 大きくなってから始めると苦労する
  3. 監修が斎藤孝先生
  4. 国語以外の成績もアップする
  5. 総合通信講座のレベルが合わない

一つ一つ見ていきましょう。

 

これからの時代に必要な力を身につけさせたい

これからどんどん情報化・グローバル化・AI化が進み、変化していく社会。

はたして「書く力」は必要でしょうか。

 

「書く力」というのは、読解力・思考力・判断力・語彙力・知識活用力・想像力・表現力…たくさんの能力がなくては発揮できません。

書くためには、しっかり判断をして、考え、表現する力が必要です。

それらは私達親世代のときより、入試や入社にも問われるようになってきています。

実際に、入試に小論文や記述問題を採用する大学も増えてきましたね。

これは、国語や自己PRだけでなく、数学・理科・社会・国語なども共通の傾向と言えます。

 

書く力を軸に、たくさんの能力にはたらきかけるのが「ブンブンどりむ」です。

能力に合ったレベルで段階的に力をつけていくことができます。

(小1~小6コースがありますが、飛び級も可)

 

吹き出し用たぬママ
さらに、私が重要視しているのは次のようなこと。

 

「書く力」を含めたくさんの能力があれば、より人生を豊かに歩める。

未来の可能性が広がる。

「書く力」を通して、たくさんの力をつけさせてあげたい。

 

そう感じたことが、一番の理由となります。

「書く力」を身につけることによって、知的好奇心をもって人生を歩めば、より豊かな人生を歩めるのではないか。

書くことで日常の意識が変わり、興味や知識を得れば、きっと人生において困難なことがあっても子供自身を助けてくれる力となる。

未来の可能性がより広がったらいいな、そんな想いがあります😊

 

あわせて読みたい

子供の自己肯定感を高めるには、子供が小さなうちからの働きかけがもっとも効果的と言われています。親のちょっとした働きかけで、子供の自己肯定感はぐんぐん育つのです。親自身も子供に働きかけることによってポジティブになれる子育て術で[…]

親子でハッピーレシピ 子供の自己肯定感を高める

 

大きくなってからはじめると苦労する

身をもって経験したことがある人が多いと思いますが、試験前に慌ててもダメなんですよね。

とくに文章は、何をどう書いたらいいのかわからないのです💦

一朝一夕で身につく力ではありません。

 

書けない → 苦手意識が出てくる → さらに書けなくなる

 

書けないことで、悪循環におちいります。

まだ苦手意識の少ない小学生のうちから、ぜひスタートさせたいと強く思いました。

 

書くことが楽しい!と思えたら、こっちのモノ✨

どんどん上達していくことでしょう。

 

監修が斉藤孝先生

わが家もお世話になっている斉藤孝先生(明治大学教授)。

『声に出して読みたい日本語』(草思社)など数々のベストセラー作家でありながら、たくさんの児童向け著書も出版されています。

 

一部を紹介します。

 

このシリーズはすべて子供と読みました。

わかりやすい表現とイラストで、すぐに使えるものばかり。

 

小学校では学べないシリーズ、大人が読んでもおもしろい!

と、図書館では必ず借りてくる斎藤孝先生の著書。

 

わが家の崇拝する齋藤先生いわく

  • 書く力は、これからの情報化・グローバル化社会を生き抜く力になる
  • 子供の将来の可能性が大きく広がる
  • 苦手意識の芽生えていない小学生のうちに、意欲的・段階的に育む

とおっしゃっていたことが、入会を後押しされました😊

 

国語以外の成績もアップする

突然で申し訳ないのですが、わが家のちびたぬ、計算はできるんです。

すごい速さでできる計算の特訓をしています。(その特訓とは、こちらの記事をご参照ください)

 

それなのに!

問題を読み間違えているせいでできなかったり、長文問題を読むのをあきらめてしまったり。

単純に「もったいないな…」と思うことが多いのです。

 

その点、ブンブンどりむは、国語以外の他教科にも対応しています。

物語文だけでなく、理科・社会・算数などの内容を題材に記述力を学んだり、時代のニーズにあった時事問題や、資料を見て自分の考えを書く力を養うこともできるのです。

物語以外の書き方も学ぶ

引用:ブンブンどりむ公式ページ

 

吹き出し用たぬママ

副教材が充実している点が魅力。

環境問題や時事問題にも、興味をもってほしい!

 

総合的な学力がつくため、他教科の成績にも影響が出ることが期待できますね!

 

総合通信講座のレベルが合わない

上の理由とも重なる部分がありますが、小学1年生のちびたぬは、算数のレベルだけは小3~4くらい。

今まで総合通信講座として「まなびwith」を続けていました。

まなびwithは、国語・算数・英語・思考力などが学べます。

 

国語の長文問題や言葉や表現など、良問が多いと評価しています。

ただ算数レベルが合わず、教科ごとにレベルを変えられないことで、悩んでいました。

 

国語力のみを考えたとき、まなびwithよりブンブンどりむで力をつけさせたいと思いました。

 

あわせて読みたい

小学1年生の息子がいる母、たぬママ(@tanupon115 )です。 息子のちびたぬは、習い事はいくつかやっています。体操・英語・算数に力を入れていて、通いのもの自宅学習のものもあり。 […]

小学1年生の習い事

 

キャンペーン情報

ブンブンどりむは、おとくなキャンペーンをおこなっています。

今なら、無料体験キットと秋のトライアルができるので、ぜひチェックしてみてくださいネ😊

 

わが家も実際に、無料体験キットを申し込んでみました。

全学年別に体験できる無料キットが入っています。

また、監修の斎藤孝先生のコラムは、これからの子育てや教育にも実践できる気づきがたくさんありました。

完全無料のキットなので、ぜひ読んでみてほしいと思います。

ブンブンどりむ無料体験キットのコラム
無料体験キットのコラム(一部)

 

秋のトライアルは、通常よりリーズナブルに受講することができます。

退会手続き不要で2カ月ポッキリのトライアルです。

お試ししてみたい場合はこちらがオススメです😊

 

\お申し込みはこちらから/

 

おわりに

わが家がブンブンどりむをはじめた理由は以下のようになります。

  • 小学生向け作文通信講座
  • これからの時代を生き抜く力をつけることができる
  • 書く力を軸に、読解力・思考力・判断力・語彙力・知識活用力・想像力・表現力などがつく
  • 国語以外の成績もアップする
  • 小学生のうちにはじめたほうがよい

「書く力」を身につけることによって、非認知能力に働きかけ、より豊かな人生を歩んでほしいですね。

ご検討の参考になれば、幸いです😊