そろばんアプリ「そろタッチ」と「公文式」を効率的に学ぶ方法

そろばんと公文式、どちらも人気の高い習い事ですね。

公文式をやっていた子が計算につまずき、そろばん(そろタッチ)をはじめることも多いようです。

 

どうやら、そろタッチと公文式の計算について、どちらも効率的に学ぶ方法があるようです。

ちびたぬ(小1)は、そろばんアプリ「そろタッチ」のみをやっているので、体験談を交えて紹介していきます。

「そろタッチ」と「公文式」の類似点

そろばんアプリ「そろタッチ」と「公文式」の関係については、そろタッチ開発者 山内千佳さんの書籍「5歳からはじめる 世界で羽ばたく計算力の伸ばし方」に詳しく書かれています。

今回はこの本から私の見解も入れつつ紹介しますが、より詳しく知りたい方はぜひ、書籍を購入してみてくださいね。

こちらになります

 

「世界で羽ばたく計算力の伸ばし方」によると著者 山内千佳さんは、そろタッチ教室をつくるにあたり、公文式を参考にされたそうです。

2つの類似点は、以下のようになります。

  • 子供が自分の力で学んでいく
  • 毎日決められた量を少しずつ解く

 

詳しく見ていきましょう。

 

子供が自分の力で学ぶ

子供のレベルにあった問題を、自分の力で解いていくのは、そろタッチも公文式も同じです。

「自分の力で」というと、「勝手に学んでくれるのか~楽でいいわ~」とか「教室もあるけど、先生いらないの!?」とか一瞬思ってしまいますよね。

けれど、書籍には教室生は先生(ネット生は親)の重要な役割も書かれています。

 

吹き出し用たぬママ
たくさん褒めて認めてあげることが重要、のようです。

先生の役割は、子供のレベルを適切に見極め、ときに励まし盛り上げサポートすること。

そろタッチは、教室生とネット生がありますが、

継続率が高い・学習進行度が速い・検定合格率が高いのは圧倒的に「教室生」です。

「世界で羽ばたく計算力の伸ばし方」p.97

と書かれています。教室の効果、役割をより深く知りたい方は、書籍をお読みくださいネ。

読むと、教室生いいな~と思います。が、我が家の近くにはないのでネット生として頑張ってます^^;

 

吹き出し用たぬママ
「自分の力で学ぶ」といっても、親の役割は大きく、ちびたぬは結構な頻度で壁にぶち当たり泣いてます。。

それでも継続して、「自分の力で頑張ろう」としているので、我が子ながら本当にエライと思います。

関連記事

そろばん式暗算「そろタッチ」。我が家は近くに教室がないため、小1のちびたぬはネット生。自宅でipad と悪戦苦闘しています。 そろタッチ、結構な頻度で・・・ ちびたぬで[…]

そろタッチ体験記

 

毎日決められた量を少しずつ解く

公文式は毎日決められた量を少しずつ取り組んでいくようです。

そろタッチも、1日にやる量は少なく、1日1面ずつ(5~10分程度)でOKとされています。

どちらもムリのない範囲に毎日少しずつ、を継続していくことによって、学習内容や学習習慣を定着させていくことができます。

 

吹き出し用たぬママ
我が家のちびたぬ(小1)も、毎日そろタッチをやっています。だいたい3面ずつやっていますが、全部で1日30分程度です。

そろタッチは毎日やらないとキャラクターがオバケになってしまうので、ちびたぬはそれが嫌で「毎日やりたい!」と思うよう。

子供が自分から「やりたい」と思わせるような工夫がされています。

それにしても、インフルエンザにかかったときでさえ泣きながらやりたいと訴え、必死にやっていましたヨ。恐るべしそろタッチ!

 

関連記事

「そろタッチ」開発者の一人、山内千佳さん著「世界で羽ばたく計算力の伸ばし方」を読みました。 そろタッチを始めてみようか悩んでいるかた 算数(計算力)を具体的にどう伸ばしたらいいのか悩んでいる方などぜひ一度読んでほしい[…]

そろタッチ 内容・要点・読んだ感想など紹介

 

より効率的に計算を学ぶには

吹き出し用ママ友
そろタッチも公文式も同じようなら、同時に取り組めばよりはやく暗算名人になれるの!?

 

吹き出し用たぬママ
そろタッチを卒業してから、公文式に取り組むのがいいのよ!

 

公文式は筆算方式で計算していきますが、そろタッチはイメージ暗算。

例えば、15+30=45 だったら、まず10の位1+3=4、続いて1の位5+0=5とそろばんの珠を動かしていきます。

(繰り上がりなしのたし算だったら、それこそ瞬時に計算できちゃうみたいですが…。)

電卓を打つよりはやく、頭の中のそろばんでパッパッとイメージして計算していきます。

ところが筆算方式を学んでからだと、イメージがしづらくなってしまうそうです。

 

そのため、そろタッチをはじめるのに一番よい時期は筆算を習う前の5~8歳といわれています。

 

つまり、

5~8歳に そろタッチをスタートして

そろタッチを卒業してから、公文式で反復練習をする

 

という方法が、効率よく学べるということになります。

 

そろタッチはすべて学ぶには、だいたい2~3年かかります。

先は長く感じるかもしれませんが…

吹き出し用たぬママ
ちびたぬもそろタッチをはじめて2~3ヵ月で、計算が楽しいとの想いから、算数が楽しい・算数が好きと思ってきました。

算数に苦手意識を持つ前に「楽しい」と思ってくれたのならこっちのもの!

実はこの、「計算って楽しい」という気持ちを持たせることこそが、より効率的に計算を学べるのではないかと思います。

毎日少しずつ継続して学んでいくことに繋がりますからね。

そのきっかけを与えてくれたのは、我が家は「そろタッチ」でした。

 

関連記事

そろばんのiPadアプリ「そろタッチ」。AI搭載アプリで効率的に学習でき、暗算がはやくなることで、算数が得意科目になります。 我が家のちびたぬは、年長さんから始めて、現在9か月目。そろタッチについて[…]

そろタッチ 口コミ 体験談

 

そろタッチ そろばんから進化した暗算学習アプリ

そろタッチ そろばんから進化した暗算学習アプリ

Digika Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

新!暗算学習法「そろタッチ」公式サイト

 「公文式」公式サイト

 

おわりに

そろタッチと公文式を効率よく学ぶには、そろタッチを卒業してから公文式に取り組む方法がよいことがわかりました。

我が家のちびたぬは、現在S1ステージで卒業まではもう少しかかりそうです。

卒業まで頑張れるのかまだわかりませんが、「計算が楽しい、算数が好き」と思ってくれているようなので、その気持ちを大切にして応援していきたいと思います。

効率的な学習方法
\最新情報はこちらから/