無料でもらえる通信教材はここから

学研水素ロケット!小3と本格実験が楽しすぎる!体験レポート

学研水素エネルギーロケット
  • URLをコピーしました!

「学研の科学」から発売された水素ロケット実験装置。

わが家には、ロケット好き小3がいるので発売されると聞いた春頃から予約。待ちに待って7月上旬に届きました!

学研の科学 水素エネルギーロケット 世界とつながるほんもの体験キット」というのが正式名称です。

遊んでみた…というより、“実験”してみたら、かな~りの本格実験でワクワクが止まらなかったので、レポートしてみますね♪

目次

学研水素ロケットって何?

2022年7月7日、「学研の科学」がパワーアップして復刊しました~!

12年ぶりとの創刊号は、「水素エネルギーロケット」。

よくあるペットボトルの水ロケット…ではなく、水素ロケットですよ!!

水素エネルギーは、クリーンエネルギーとして今とても注目されているエネルギーの1つです。

自分の手で水素を発生させて、水素エネルギーとしてロケットが発射する!

なんとも楽しそうな響きですよね。

次で早速見ていきましょう♪

学研水素ロケットって何が入ってる?

学研の科学、水素エネルギーロケットの箱が届きました。A4サイズですが、結構分厚い。

開けてみると、なにやらプラスチックのキットと、なにかの配線が見えますね。ワクワク。

全部出してみると、本2冊も入っていました。

SDGsのひみつ、科学ロケットの2冊と、キット達。

ちびたぬ

我慢できない、もう作りたい!!

気持ちはすごくわかるよー。じゃあ、作ってみよう!

学研水素ロケットを組み立てる

学研の「科学ロケット」と書かれた本には、仕組みや作り方などが書かれています。

見ながら作れば小学3年生でも作れます…が、こちらのモーターが入った手回し機は少し難しそうでした。

パパにも手伝ってもらいながら、1時間もせずに完成!

1から自分で作るし、スケルトンなので仕組みがよくわかるのもいいですよね。

手回し発電機なんか、形の違う歯車が3つ入っていて、1回まわすごとに51回回転するそうですよ。(付属の本に詳しい解説あり)

水も入れて準備万端!!

学研水素ロケットを飛ばす!!失敗?成功?実験は続く~

水素を爆発させる…ってことで、ちょっと怖くなり、屋外でやってみました。

最初、付属のセスキ炭酸ソーダを入れずに、ただの水のみを電気分解させてやってみました。

手回し発電機を回していると…

水が電気分解されて、細かい泡が立ってきました!!!

画面右側の電気分解タンクに泡ができた

水素と酸素の泡が発生しています!電気分解できてる!!

…が、この日は何回やってもロケットは飛ばず💦

ちびたぬ

なんでロケット飛ばないんだろう。もっと回さなきゃダメかな??

科学はトライ&エラー。

失敗が楽しいんですよね!

次の日、セスキ炭酸ソーダを入れて回してみたところ…

わずか数十秒ほどでこの泡!

ちびたぬ

水素と酸素がめっちゃ発生してる!!!

やばい、外行こう、飛ばそう!!

セットして、手回し発電機を回転させると…

電気分解タンクに水素と酸素が発生して、ロケットのある発射管に送られ…

水面が下がってきたところで、スイッチオン!!

水素が爆発してロケットが飛びました~!!!

ちびたぬ

楽しい!どうやったらもっと飛ぶの?角度はどうしたら一番飛ぶかな。

水素の量、角度、ロケットの加工などなど自由自在です。

発射実験記録をとることができるページやグラフにする方法なども、わかりやすく書いてあるから子どもも夢中になってできますよ^^

ちなみに…おうちの中でも発射できるようです。
が、本誌によると飛距離7mとのことですが、わが家の測定値では5~6mは飛びました。
発射させるときの「カチッ」という音も割と響くように感じましたよ。
ご参考までに。

まとめ:学研水素エネルギーロケットはここがすごい!

学研水素エネルギーロケットの実験キットは、

  • 実験キット
  • 詳しい説明書
  • 学習マンガ
  • オンラインコミュニティー「学研の科学 あそぶんだ研究所」

がセットになっています。

ただロケットを飛ばすだけでなく、子供の感じる「どうして?」「どうやったらもっと良くなる?」「こうやったらどうなる?」といった疑問にとことん実験できるキット。

手回し発電機を使った実験や、電気分解の実験、電気スタンプの実験についても書かれていました。

大好きな宇宙飛行士、若田光一さんのお話や、2050年の地球と月の暮らしなど、興味がそそられる内容ばかりで、大満足のちびたぬでした。

ちびたぬ

毎日学校から帰ったら実験してる!夏休みもいろいろやりたい!!

早くも売り切れ続出のようですが、見かけたらぜひ試してみてくださいね!

そして11月号は、図鑑プロジェクターとのこと、こちらも楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる