【おうち学習】塩の結晶を作って観察しよう♪

先日入学したちびたぬですが、学校が休校措置となりました。

せっかくのおうち時間、大切に、興味のあることを伸ばしていきたいですね!

 

さて今回は、一緒に読んだ本「塩 海からきた宝石」から塩に興味を持ったため、塩の結晶づくりに挑戦しました。

 

塩の結晶の作り方、子どもと学ぶ方法などをまとめました。

塩の結晶を作ろう!

昨夜読んだこの本。

塩の結晶の作り方や、塩田の作り方、塩の川、塩の湖、砂漠にできる塩などについてくわしく書かれていました。

まるで鉱石のようにうつくしい塩の結晶にすっかり魅了された、ちびたぬ6歳。

 

さっそく次の日、

吹き出し用ちびたぬ
塩の結晶、つくってみたい!

興味を持ったときに、やってみよう♪

とのことでやってみました。

 

塩の結晶 作り方

塩の結晶 観察

作り方はいたって簡単!

  1. 飽和食塩水をつくる
  2. 蒸発させる

です!

 

1.飽和食塩水を作る

飽和食塩水とは

水に塩を溶かして、これ以上溶けない状態の塩水こと

 

つまり、よーくかき混ぜて、もう溶けない!ちょっと残るよーという塩水を作ります。

 

2.蒸発させる

水分を蒸発させると結晶ができあがります。

水分を蒸発させる方法は、火を使って下からあぶったり、太陽の熱で自然に蒸発するのを待ったりする方法があります。

 

吹き出し用たぬママ
1~2週間くらいを目安に放置しておけばできるそうです!

モールやタコ紐など、糸状のものを垂らすのもおもしろいです!

割りばしに糸をつけると、下のようになりました。

塩の結晶づくり

糸のまわりにびっしりと結晶ができ始めました。(半日後の様子)

 

顕微鏡で見てみよう!

結晶ができあがったら、顕微鏡で見てみましょう。

 

実はよく見ると、肉眼でもその形を確認することができます。

が、1~2㎜の小さな結晶です。

顕微鏡でのぞくと、大きくキラキラした結晶を見ることができ、形をよりハッキリと知ることができます。

 

吹き出し用たぬママ
便利な持ち運び可能の顕微鏡がオススメ!

 

我が家は今日作り始めたばかりですが、トレイに飛び散った塩水から結晶ができていたので観察したり、プレパラートに少量とって観察したりしました。

 

 

吹き出し用たぬママ
紐につけたりする小さい結晶じゃなくて、大きな立方体の結晶を作りたい!

今後は、大きな塩の結晶づくりに挑戦していきます。

 

おわりに

我が家の塩の結晶はまだまだ小さいです。

毎日観察して・・・と思いますが、きっと忘れたころに結晶ができているのかも!?

小さな結晶を元に、大きな塩の結晶を作るそうです。

挑戦していきたいと思います。

塩の結晶の作り方
\最新情報はこちらから/