ホワイトパズルに小学生が挑戦!作り方のコツ&口コミを紹介

宇宙飛行士選抜試験にも採用された「ホワイトパズル」。

別名ミルクパズルや牛乳パズル、宇宙パズルなどといわれることもある、絵のない真っ白なジグソーパズルのことです。

 

実は最高クラスの難易度ともいわれるパズルなのです!

小学1年生と一緒にやってみました。

 

吹き出し用ちびたぬ
真っ白だから、形を見ればいいんだね!
これでいいのかな~?
吹き出し用たぬママ

あれ?ちょっと待って…あれれ??

結論から言うと、確かにむずかしかったです。

最後までできませんでした…。

が、あきらめずに挑戦していくと、精神力・忍耐力・観察力・集中力が養われるかと思います😊

 

大人も子供も楽しい、ホワイトパズルについて

・子供でもできるのか

・コツ

・難易度を検証

・口コミ

などをお伝えします。

ホワイトパズルって何?

ホワイトパズルのピース

ホワイトパズルとは、別名ミルクパズル・牛乳パズル・宇宙パズル・無地パズル・地獄パズル、などと呼ばれることのある、真っ白なパズルです。

ピースも小さめ。

絵がないため、形を頼りによく見て作っていきます。

ホワイトパズルとペンの比較

 

ホワイトパズルは、宇宙飛行士選抜試験にも採用されています。(そのため、宇宙パズルやスペースパズルとも呼ばれているのですね!)

制限時間内に完成させる、というよりも数日かけて完成させるそうです。

 

宇宙でのさまざまなミッションをこなすために一番大事なことは、「あきらめないこと」だとか。

 

試験では140ピースほどのパズルが使用されたそうですが、市販されているホワイトパズルは、99~300ピースなどがあります。

あきらめずに、挑戦してみましょう!

無地のパズルなので、手ごろな価格なのも嬉しいですね😊

 

スポンサーリンク

小1と挑戦!

パッケージの外袋

今回小学1年生と挑戦したのは、こちらの商品。

全部で99ピースあります。

できるかな~?

 

むずかしいところ

はじめは小学生1人で挑戦。

少しして…

 

吹き出し用ちびたぬ
できてきたよー!

 

吹き出し用たぬママ

どれどれ…あれ?力づくで入れたでしょ?

よく見ると合ってないよ。

よく見てみると…

ホワイトパズル

そうなんです。

一見できたように見えるのですが、よく見ると合ってない~!!

ホワイトパズル

なんとなく似た形が多いのが、むずかしいところなんです!

ホワイトパズル

ピッタリとハマるときは、着脱に力はいりません。

違和感なく、スッと入るため感覚的にわかるでしょう。

 

吹き出し用ちびたぬ
入ったけど、形をよく見なくちゃダメなんだね💦

 

小学1年生には、少しむずかったかもしれません。

一度挑戦して、休憩をはさんだら二度と戻ってきてくれませんでした…。

パズルは強制してやるものではないので、また戻ってきてくれるのを待ちながら母は一人でやりましたよ!

少し頑張って進めていくとだんだん楽しくなりました(`・ω・´)

スポンサーリンク

コツは外枠から埋める!

自分なりの解き方を見つけるのも、パズルの楽しみのひとつですが、コツをまとめると以下のようになります。

  • 外枠から埋める
  • 形でわける
  • パターンをよく見る

 

吹き出し用たぬママ
実際に、一緒に作ってみましょう!

真っ白なので、外枠からつくっていきましょう。

平らな面があるピースだけを集めて、よく見ながら作っていきます。

 

商品の袋に入っていた「不足ピース位置確認」用の紙を参考に。

完成図

どうやら、

  • 完成パズルは、11個×9個、計99ピース
  • 外枠は36ピース

ということがわかりますね。

 

ピースをよく見ると、縦長と横長のものがあります。

ピースが2種類ある

縦長のピースはたて列に、横長のピースは横列に使うのがポイント。

30分ほどで外枠ができました。

外枠を作ったところ

 

次は、中身を作っていきます。

よく見ると、ここでも縦長と横長のピースがありました。

ピースが2種類ある

縦長横長は交互に使っていきます💡

形をよ~く見て作っていきましょう。

ホワイトパズルの外枠から少しずつ作ったところ

少しずつできてきました!

 

吹き出し用たぬママ

続きは…現在楽しみながら制作中です!

でき次第追記したいと思います。

 

 

もっと楽しみたい方はこちらのサイトから😊

6000種類のジグソーパズルが楽しめます。

\全品30%off キャンペーン中/

 

難易度を検証

真っ白なホワイトパズル。

いや~、むずかしいですね!笑

でも、と~っても楽しいです!!

 

作っていくとなんとなくコツがつかめてきますし、ピース数も減ってくるので、どんどんペースアップしていきます

 

ある人は3日かかったとも言いますし、ある人は3時間でできた、とも言うホワイトパズル。

口コミを見てみましょう。

 

わかります、やり始めると止まらない!

だけど集中力が長くはもたないので、何かの合間にぐわーってやりたくなるんですよね。

 

(´;ω;`)ウッ…

 

30時間😲!!

しかも、大きなサイズ!

尊敬いたします。

 

 

人にもよりますが、やはりフェードアウトしてしまう方もいるところを見ると、難易度は高めといえるでしょう。

わが子も途中で棄権してしまいましたしね💦

最後まであきらめずに取り組むことができたら、それだけですごいことです。

吹き出し用たぬママ

途中までだとしても頑張りをたくさん褒めました。

またそのうち取り組んでくれることと思います。

息抜きに、プレゼントに、おうち時間に、どうぞお楽しみください♪

 

あなたはできるかな?😊

おわりに

真っ白なホワイトパズルについて紹介しました。

小学生にはちょっとむずかしいかもしれませんが、挑戦してみる価値はあると思います!

大人も子供もきっとハマるホワイトパズル、オススメです✨

●今月のキャンペーン情報●

【ブンブンどりむ】
春の入会キャンペーンで初月受講料が約30%オフに!
 

 

【Z会】
期間限定・無料!資料請求で「これだけはドリル」と2つの特典プレゼント
 

スポンサーリンク